注射それでは実際にがんに対してNK療法をするための方法について紹介しましょう。ナチュラルキラー細胞を用いたNK療法の仕組みは患者の体の中からナチュラルキラー細胞を取り出します。血液から採取することができるのです。患者から得られた細胞はできるだけ増やします。そして、それを患者の体の中に戻すのです。これによって、患者の体の中のナチュラルキラー細胞の数は増えており、活性も高まっている状態となっています。そのため、どんどん体の中にあるがん細胞を破壊してくれるようになるでしょう。

実際にはこちらの療法だけを行うのではなくて、従来の治療法と組み合わせて行われることが多いです。免疫療法は効果が実感できるようになるまで時間がかかるからです。自分の体の免疫力に頼ることになるため、効果が現れるまでには個人差があります。そのため、免疫療法と従来の放射線治療や抗癌剤治療などを組み合わせることが推奨されているのです。

NK療法というのはやり方そのものはとても簡単であり、大掛かりな手術が必要となることもありません。ナチュラルキラー細胞を身体に戻す際には静脈や動脈などに点滴によって投与することになります。普通に生活をしながら治療を受けられるのです。