がん細胞がんの治療法の1つとして注目されているのがNK療法です。こちらは免疫療法と呼ばれているものです。人間には元々自分の免疫系があり、それを用いて病気を防ぐことができます。実はがん細胞というのは常に発生しているものですが、それは自己の免疫系によって解決しているのです。しかし、加齢によって免疫力が弱まってしまい、がん細胞を排除することができなくて、結果的にがんになってしまうケースが多いです。

そこでNK療法では自己の免疫力を高めることによって、がん細胞を自分の免疫細胞によって破壊することを目的としています。たとえばナチュラルキラー細胞というものがあり、こちらの活性を強めることによってがん細胞を破壊するという治療法が存在しています。ナチュラルキラー細胞であればがん細胞を体の中で見つけることができて、それを単独でどんどん殺傷していくことができるのです。

人間の体が本来持っている防御機能を利用しているのが大きな特徴となっています。そのため、無理のない治療法といえるでしょう。副作用の心配はなく、また部位を選ばないのもメリットです。免疫系の力は全身のあらゆる組織や細胞に作用することができるからです。このような画期的な治療法となっています。